またツライ花粉の時期がやってきたー。

今年の花粉の飛散量は去年の2倍!
毎年、多い多いって言ってるので
あんまり驚きもなくなってきましたが(笑)

 

しかもこの時期は花粉に加えてえ
PM2.5や黄砂の飛散も多くなります。
黄砂アレルギーっていうのがあるらしく、よく花粉症と間違われるそうです。

 

めっちゃくちゃツライ花粉症ですが、私は気づいたら治ってました!
ホントに治っているのか、症状が落ち着いているだけなのかは不明ですが、かれこれ5年以上は花粉症から解放されています。
だから治ったって思ってますが。

実は花粉症が治ったり、症状が落ち着いたりすのは免疫力が関係しているらしい。

 

そこで花粉症が治った人は免疫力低下が関係あり?症状悪化の原因や食べ物もについて調査してみました!

 

スポンサーリンク

花粉症って治るの?

勝手に治ったと思っていますが、そもそも花粉症って治るものなんでしょうか?

 

医師によると、
花粉症を含むアレルギー性鼻炎は自然に治るということは、あまり期待出来ないんだそうです。

本人が治ったと思っているだけで、実際は症状が軽くなっているだけだったり、落ち着いているだけの可能性も高く、花粉の飛散が多くなれば再び症状が出てくる人もいるそうです。

 

この「治った」という線引きが難しいのだとか。
何年も花粉症の症状が出ていなければ治ったことになるのか?
そこら辺は曖昧なようですね。
何を基準に治ったとするのか。

 

症状が落ち着いて、自分では治ったと思っている人でもアレルギーテストをすると花粉の項目にしっかり反応がありアレルギー自体がなくなった訳ではないそうです。

ただ、実際に私を含め治った(と思っている)人は割といるようでどっちとも言い難いですね。

ちなみに私の母もヒドイ花粉症でしたが、私が花粉症から解放されたのと同じ頃に気づくと治ってました。
私と母の場合は花粉症が治った後に病院でアレルギーテストをしたことがないので、アレルギーの数値については分かりませんが、2人とも今のところ何年も花粉症からは解放されてます。

 

また、出産を機に花粉症が治った人も結構いるみたいで、考えられる可能性はホルモンバランスの影響。
ただこれも推測の域を出ないようで、ハッキリとは分かっていません。
逆に出産を機に花粉症になっという人もいるみたいw

 

花粉症は免疫力と関係がある?

花粉症が治ったと聞いて免疫力が上がったんじゃ?と思いがちですが、実は逆!

まず花粉症になるメカニズムは簡単に言うと、花粉が入ってきたことによって発生する物質に免疫力が過剰反応している状態らしいです。

ということは、免疫力が高すぎる??

免疫力のバランスが崩れることにより、免疫力の過剰反応が起こってしまい花粉症の症状が出るみたい。

 

一般的に花粉症のピークは40代とか。
年齢が上がるにつれて免疫力も低下してくるので花粉症も落ち着いてくるとか。
高齢の方はあまり発症しないそうです。
(たまに高齢でも花粉症になる人もw)

歳をとる→免疫力低下→花粉症治る!

みたいな感じですかね。
厳密にはやっぱり完治という訳ではないみたいですが、症状が出ない(落ち着く)だけで、もうねサイコーですよ!

 

今までどんなに辛かったか…
よく「目ん玉取り出して洗いたい」とか言いますが、めっちゃ分かります笑
痒いが止まらないんですよね。
そして鼻も痒い!くしゃみも鼻水も止まらない。

 

ここで一つ引っかかることが。
私は現在27歳。
花粉症が治ったのが、たぶん20歳ぐらい。

全然高齢じゃねー!

私の場合、免疫力低下は関係なかったのか??
治った原因が全然心当たりがないんですよねー。
そして、時を同じく治った母も心当たりなしですが
母の場合は年取った説が当てはまるのかも。

 

花粉症の症状が悪化する原因は?

マスクとメガネ着用、治療したり薬を飲んだりしているのに症状が悪化してる…

花粉症を悪化させる原因が!

 

寝不足

スマホとか触っていると、
ついつい夜更かししてしまいますよね。
睡眠は健康を語る上では切っても切れない、人間にとって大事な三大欲求の一つ。
寝不足の人って結構多いと思いますが、寝不足は花粉症にとっても大敵!
寝不足が続くと、ホルモンや免疫力のバランスが崩れ花粉症が悪化する原因に!
よく規則正しい生活って言いますが、体のバランスを保つ上ではやっぱり重要なんですね。

 

ストレス

ストレス社会と言われている現代、ストレスがない人の方がすごいと思いますが、溜めすぎないのが大切です。
ストレスも免疫力のバランスや自律神経の乱れを引き起こします。
寝不足とストレスで免疫力はダブルパンチ!
自律神経もよく聞きますよね。
自律神経の不調も体の不調に繋がるので気をつけたいですね。

 

アルコール

毎日お酒を飲むって人多いと思いますが、
アルコールは血管を拡張させ鼻づまりや目の充血を引き起こすとか。
ほどほどにしましょう。

 

喫煙

タバコの煙は鼻の粘膜を直接刺激するので鼻づまりを悪化させる原因にくなるそう。
健康にも悪いし、いいことなしです。

 

他には、できるだけ家の中に花粉を持ち込まないようにする工夫が必要です。

空気清浄機は定番だと思いますが、花粉が付きにくい素材の服や、帰宅後は部屋着に着替えるなど花粉対策に終わりはありませんね笑

ただ、どれだけ対策しても効果がない人もいるので、難しいところです。

 

花粉症の症状を悪化させる食べ物

食べ物は毎日絶対口にするので
結構ダイレクトに体に影響しますよね。

まず大事なのが腸内環境
腸内環境が悪いと花粉症だけでなく、体にも悪影響が出ます。太りやすかったり、便秘になったり。

腸内環境を乱す食べ物は
砂糖が多く入っている食べ物や脂肪分たっぷりのお肉、お菓子やジュースなど。

 

食品添加物」も気をつけたいところ。
インスタントなどは化学調味料がたくさん入っています。
化学調味料は食品添加物の一種。
食品添加物は体に悪いことが分かっています。

何年もインスタントやスナック菓子を食べていた人が、そういった食べ物を辞めたことにより花粉症などのアレルギー症状が治ったという話しもあります。
食べなくなったからといってすぐに治る訳ではありませんが、食生活を見直すことの大切さが分かりますね。

 

腸内環境を整えるということで、発酵食品などが花粉症改善にいいとされています。
味噌汁や納豆をよく食べるので、それがいいのかな?
ヤクルトも毎日飲んでます。

ようはバランスのとれた食事が大事ってことですね。

 

あと、案外知られていないと思いますが特定のフルーツや野菜が花粉症の症状を悪化させている場合も。

メロンやパイナップルを食べて喉がイガイガした経験ありませんか?
あれも実はアレルギー症状。
口腔アレルギー症候群と呼ばれているものです。

実はこの喉のイガイガが花粉症と関係しているとか。
花粉症持ちの人の多くはこの口腔アレルギー症候群を発症するそうです。

 
口腔アレルギーを引き起こす食べ物

りんご、もも、キウイ、メロン、オレンジ
さくらんぼ、スイカ、トマト、セロリなど

 

実際に私は、
一時期キウイを毎朝食べていたら治っていた花粉症が再発?して毎朝キウイを食べていた時期だけ花粉症の症状が出ました。
なんでだろう?と気になって調べたらキウイの可能性があることが発覚!
次の日からは一切食べないようにしたらピタッと症状はなくなりました。

今でもキウイは好きなので食べますが、何日も連続で食べないようにしています。そうすれば今のところは花粉症の症状は出ていません。

 

まとめ

今回は花粉症が治った人は免疫力低下が関係あり?症状悪化の原因や食べ物もについてご紹介しました。

 

私は小6から発症して学生時代は花粉症とともに過ごしてきました笑
ツラかった花粉症から解放され、めちゃくちゃ幸せです!
猛烈な目の痒みもないし、止まらないクシャミや鼻水、鼻づまりに悩まされることがなくなりました。

なぜ治ったのがさっぱり不明ですが笑
昔から生活は夜型で不規則なので、自律神経とか免疫力のバランスが整ったとも考えにくいんですけどねー。

納豆とかヤクルトをあげましたが、あれも花粉症が治ってからの習慣なのでホント謎です。
めっちゃラッキーですけど笑

 

ただ調べていると、免疫力低下が花粉症を悪化させているという逆の説もありました。

どっちが本当なのか?

 

最後までご覧頂きありがとうございました!