2018年もまだまだ寒い日が続いてますが、暦の上ではそろそろ春ですね。

みなさんはってどんな時に感じますか?

暖かくなってきたら春だなぁと感じたり、桜が咲き誇れば春だなぁと感じたり人それぞれだと思いますが、なんとなく春を感じる言葉春一番って何のことか知ってますか?

春に吹く風のことでしょ?と思いがちですが、春一番にはきちんと定義があるんです。(私は知りませんでした笑)

あんまり深く気にしたことがないし、いつ頃吹いてるかも全然知りませんでした。天気予報とかで「あぁー言ってるなぁ」ぐらい。

 

そこで春一番2018の観測はいつ?意味・由来や気象庁の定義とは?について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

春一番の意味と由来

春一番て何気なく使ってますが、意味をご存知ですか?

<意味>
春一番とは立春から春分の間で吹いた南寄りの強い風のことです。

2018年の立春は2月4日
2018年の春分は3月21日

まぁたぶん強い風ってことはみんなご存知だと思うんですが、キッチリ期間が決まっていたことを私は初めて知りました。

しかも春一番って全国共通のものかと思っていましたが、そもそも吹かない地域があるそうです。

沖縄や東北、北海道などでは吹かないそうです。
東北や北海道は春一番のような強い風が吹くこともありますが、立春から春分にかけてはまだまだ寒いので春一番とは定義されないそうです。
沖縄は、強風が吹いたとしても危険なほどの強風にはならないことから春一番という定義はないそうです。

 

<由来>
春一番はいつから使われるようになった言葉なのでしょうか?

1859年3月17日に長崎県壱岐郡郷ノ浦町(現 壱岐市)の漁師が漁に出ている時に強風により船が転覆し、53人の犠牲者が出たことから春に吹く強風を漁師たちが「春一」や「春一番」と呼ぶようになった。

由来については諸説あるそうですが、この長崎県の説が有名なようです。
この春一番の由来と言われている長崎県の郷ノ浦港近くの元居公園には事故後「春一番の塔」が建てられているそうです。

春一番の由来は、悲劇的な事故がキッカケだったんですね。

 

春一番の気象庁の定義

気象庁の定義では立春から春分の間に、広い範囲(地方予報区ぐらい)ではじめて吹く、暖かく(やや)強い南寄りの風とされています。

気象庁の定義はややざっくりした感じ(笑)
実は各気象台でそれぞれ地域に合わせて少しずつ定義が違うみたいなんですが、基本的には

 

・立春から春分の間で吹く風

・日本海を進む低気圧に向かって南側の高気圧から10分間、平均で風速8m/s以上の風

・前日に比べて気温が上昇する

 

となっています。
立春から春分というのは共通ですが、地域によっては最大風速7m以上や10m以上というところもあるようです。

 

しかも春一番は毎年絶対観測されるというわけではなく、立春前に強風が観測されても春一番とは認められず、それ以降強風が吹かなければ、その年は春一番の観測なしとなるのです。
また、ある地域で観測されたからといって全国的に観測されるという訳でもなく、同じ年でも観測されなかった地域と観測された地域とに分かれる場合も。

2018年は観測されるのでしょうか??

 

2018年の春一番はいつ?

2018年の春一番の観測期間は2月4日の立春から3月21日の春分までとなっています。

春一番はよく吹く地域とそうでもない地域があります。
一番よく春一番が観測されるのは北陸、関東。
北陸、関東は過去のデータから見ても8割〜9割の確率で春一番が観測されています。
中国、四国、九州北部はだいたい6割〜7割ほど。
そして近畿、東海、九州南部は4割〜5割ほどで、春一番が観測されないことも珍しくないようですね。

2018年の春一番はいつ頃なのか私の勝手な予想!

3月のはじめ

今年は大寒波に見舞われ、とても寒い日が続いているので暖かくなるのは3月頃ではないかと予想。
数値的な根拠はないので参考程度に(笑)

3/1追記

なんとテキトーにした予想があたりましたね(笑)
近畿地方で今日3/1に春一番が吹いたと発表されました!
確かに今日はかなり風が強くて、風の音も凄い!
私が住んでいる地域(兵庫の田舎)では昨日の夜から雨風ともにすごくて「春の嵐」といった感じでした。
今日は雨は降っていないものの風が木々を揺らす音が凄いですねー!

そして東海地方では昨日2/28に春一番が観測されました。
寒すぎた冬ももうすぐ終わりですね!

注意

春一番が吹いた翌日から再び気温が下がるので
今後数日間は冷え込むことが予想されますので注意してください!

 

そして、春一番は春の訪れと感じる人も多いかもしれませんが実は春一番は危険なんです!

強風による事故が多く、雪崩や竜巻などの自然災害に要注意!春一番の由来で説明したように海難事故にも繋がりやすいので気をつけましょう!

あとは春一番が観測された次の日はぐっと気温が下がる「寒の戻り」で体調を崩しやすいので、春一番が吹いて暖かくなったからといって衣替えをしてしまわないようにしましょう!

 

まとめ

今回は春一番2018の観測はいつ?意味・由来や気象庁の定義とは?についてご紹介しました。

春先によく聞く春一番。知っているフリをしていましたが、調べてみると知らないことばっかりでした!(笑)

春一番は事故に要注意と書きましたが、花粉症の人も強風により大量に花粉が飛ぶので花粉対策も忘れずに!

2018年の春一番はいかに?!

最後までご覧いただきありがとうございました!