2018年2月16日公開の映画リバーズ・エッジ

原作は1993年から94年に雑誌「CUTiE」で連載されていた岡崎京子さんの代表作の漫画で、結構衝撃的な内容です。

岡崎京子さんは1980年代から90年代にかけて活躍され、その時代を代表する漫画家として有名な方ですが、人気絶頂だった1996年に交通事故に遭い後遺症により漫画を描くことが出来なくなったそうです。
それでも今なお伝説的な漫画家としてファンが多いのだとか。

 

岡崎京子さんの代表作「リバーズ・エッジ」は高校生の男女6人がそれぞれに問題を抱えていて、生きにくさを感じながら孤独や欲望にもがく姿を描いた青春物語で、20年以上たった今なお根強い人気の伝説的名作漫画!

その反面「よくわからなかった」という感想も多い漫画です。刺さる人と刺さらない人でかなり判れるようです。

 

そんなリバーズ・エッジ(映画)のネタバレ感想!レンタル開始日はいつ?についてまとめてみました。

 

※この記事はネタバレを含みますので、知りたくない人はご注意下さい!

 

スポンサーリンク

 

リバーズ・エッジ(映画)のネタバレ

まずはキャストから簡単にご紹介します。

 

若草ハルナ : 二階堂ふみ

主人公はこの若草ハルナ。
ハルナはごく普通の女子高生で観音崎と付き合っているが、子供っぽく感情的な観音崎に対して愛情はなく冷めきっている。

日々の生活に生きづらさを感じている。

イジメられているところを助けたことで山田一郎と仲良くなる。

 

山田一郎 : 吉沢亮

山田一郎はオシャレで容姿端麗なことで女子に人気だが、実はゲイ。そのこともあり他の男子に虐められている。特にハルナの彼氏である観音崎からは執拗に目をつけられていた。

原作との違い
原作では、ゲイとは公にカミングアウトはしていません。
原作では、イジメから助けてくれたハルナに、ある秘密と一緒にゲイであることを打ち明けます。

 

田島カンナ : 森川葵

田島カンナは山田一郎へ一方的に好意を寄せている。
若草ハルナと山田一郎の関係に激しく嫉妬し、後に事件を起こすキーパーソン。

原作との違い
原作では、田島カンナと山田一郎は付き合っています。
一郎はゲイのカモフラージュのために田島カンナと付き合っているので、カンナへの愛情はありません。カンナの片想いは同じですが付き合っているという点が映画とは異なります。

 

観音崎 : 上杉柊平

若草ハルナの彼氏で、山田一郎を虐めている人物。
彼女のハルナが山田を庇ったことがキッカケとなり、ハルナの友達である小山ルミと関係を持ってしまう。

家族に対してコンプレックスがあり、いろいろと問題を抱えていて感情的になりやすい。

 

吉川こずえ : SUMIRE

ハルナの後輩で、テレビや雑誌などで活躍する人気モデル。しかし摂食障害を抱えていて、山田一郎の秘密を共有する人物の一人。

レズビアンでハルナのことを気に入っている。

 

小山ルミ : 土居志央梨

虚無感から不特定多数の男性と関係を持ち、ハルナの彼氏である観音崎とも関係がある。

後に、妊娠が発覚するが父親が誰だか分からず観音崎ともトラブルに。

 

※ここからネタバレを書きますのでご注意下さい!

※原作の漫画を元に書いていますので映画のネタバレは公開後に追記します。

 

若草ハルナは彼氏の観音崎に虐められていた山田一郎を助けたことで、一郎と親しくなる。
助けてくれたハルナに一郎は自分の宝物を見せてくれた。

一郎は夜の河原へハルナを誘い、そこにある死体が自分の宝物だと教えてくれた。

「これを見ると勇気が出るんだ」という一郎に驚くハルナだったが、そこへ一郎の秘密を知るもう一人の人物、吉川こずえが現れる。

ここから恋愛には発展しない異様な3人の友情が始まる。

 

田島カンナは一方的に一郎へ過剰な愛情を募らせていた。
振り向いてもらえないカンナは一郎と仲がいいハルナへ激しい嫉妬を覚える。

そしてその嫉妬はハルナの家に放火するという事件は発展!そしてカンナ自身も炎に包まれる。

 

そして、ハルナとの関係が上手くいかない観音崎はハルナの友達である小山ルミと関係を持ちます。
そんな時ルミの妊娠が発覚するが、不特定多数の男性と関係を持っていたので父親が誰なのか分かりません。

 

ルミは観音崎に「あんたの子かもしれない」と詰め寄り、観音崎は渋々「金は出す」と言う。しかし、そんな態度に傷ついたルミは観音崎に「本当は私もハルナもアンタなんか好きじゃない!」と観音崎のコンプレックスを刺激する言葉を吐き捨てる。

このルミの言葉に激昂した観音崎は思わずルミの首を締めてしまう。

ルミの体から力が抜け、崩れ落ちたことで我に帰り慌てる観音崎だったが、たまたまその現場を目撃した一郎が現れる。

そんな一郎は崩れ落ちたルミを見て「新しい宝物が見つかったから見においで」とハルナとこずえへ電話をする。

 

 

一郎の誘いを受けて合流したハルナとこずえだったが、そこには新しい宝物はなかった。
実はルミはまだ息があり、隙を見て自力で自宅まで逃げ帰っていた。

こずえと一郎は河原からの帰り道、また新しい宝物を見つける。
ハルナの家に放火して、自分も丸焦げになってしまったカンナの亡骸が…。

 

リバーズ・エッジ(映画)感想

という感じの内容ですが、まぁ衝撃的ですよね!
映画では二階堂ふみさんの際どいシーンもあるとか。
そして、漫画では最後はみんなバラバラになるのですが映画ではどう描かれて、どんなエンディングを迎えるのか気になるところです!

 

感想も映画公開後に追記したいと思います。

 

リバーズ・エッジ(映画)レンタル開始日はいつ?

レンタル開始日はいつからかハッキリ分かりませんが、だいたい映画のレンタル開始日は上映開始から4ヶ月〜6ヶ月後が多いようです。

なので、レンタル開始日がいつなのかは情報が分かり次第追記したいと思います。

 

まとめ

今回はリバーズ・エッジ(映画)のネタバレ感想!レンタル開始日はいつ?についてご紹介しました。

岡崎京子さんの代表作で今なお絶大な支持を受けているリバーズ・エッジですが、原作を読んだことがない人でも楽しめる映画ではないかと思います。

楽しめるというか、考えさせられる内容ではないかと思います。生きることに対して漠然とした不安や疑問は誰でも一度は感じたことがあるのではないでしょうか?

特に今回描かれている青春時代って楽しいことが多い反面、将来に対する不安だったり、強いコンプレックスを抱えている年代ですよね。

衝撃的な内容の映画ですが、不思議と共感出来る部分もあり自分の青春時代を思い出しました。

最後までご覧いただきありがとうございました!