7/20に新国立劇場で初日を迎える「レインマン」

 

中越典子さんは藤原竜也んさん演じる、主人公チャーリーの恋人役「スザンナ」という重要な役どころを演じる予定でした。

しかし健康上の理由で降板することが本日伝えられました。

 

中越典子さんが降板した原因の「健康上の理由」とは一体何なんでしょうか?

 

・舞台の降板理由は病気?

・2人目の妊娠の可能性は?

 

についてご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

降板理由は病気が原因?

「レインマン」は1988年にアメリカで公開され、数々の作品賞を受賞した大ヒット映画。

ダスティ・ホフマンとトム・クルーズが共演したことでも注目を集めました。日本でも、ロングランヒットとなった有名な映画です。

 

今回上演される「レインマン」は2008年のロンドン公演を元にしたものです。

 

この舞台は、藤原竜也さんと椎名桔平さんのダブル主演!

藤原竜也さんは事業に失敗してお金困り、父親の遺産を丸々相続する兄から半分遺産を奪おうとする弟・チャーリーを演じます。

椎名桔平さんは、重度の自閉症を患う兄・レイモンドという難しい役どころです。椎名桔平さんは2006年に同じ「レインマン」で弟のチャーリーを演じています。

 

このお二人は今回が初共演らしいですが、藤原竜也さんといえば蜷川幸雄さんの舞台でデビューしてますし、椎名桔平さんは日本を代表する名俳優ということで、2人の演技がどのようにストーリーを創り上げていくのか楽しみですね!

 

 

そして、中越典子さんが演じるはずだったスザンナはチャーリーの恋人で、障害を抱えるレイモンドにも偏見なく接する心優しい女性でストーリに深みを出す、重要な役どころです。

 

しかし残念ながら初日まで約2ヶ月となった今日、中越典子さんの降板が報じられました。

 

降板理由は健康上の理由という、かなり曖昧な表現のものでした。詳しい原因は、今のところ公表されていません。

 

健康上の理由と聞いて、まず思い浮かんだのが「病気」

 

 

でも仮に舞台降板の原因が病気だった場合、病名も一緒に公表されることが多いですよね。

だから、病気の可能性は低いのかなと思っています。

 

これまでに病気が原因で舞台を降板した人をまとめてみました。

・今井翼さん「メニエール病」

・白洲迅さん「肺気胸」

・天海祐希さん「心筋梗塞」

・西郷輝彦さん「ガン」

・窪塚俊介さん「椎骨動脈解離」

・藤山直美さん「乳がん」

・高崎翔太さん「フィッシャー症候群」

 

このように舞台降板理由が病気の場合は病名も一緒に発表されることが多いです。必ずしも、全てが病名を公表しているわけではないので、中越典子さんもが病気ではないという、確証にはならないんですが、、、。

 

病気ではないといいのですが。

 

病気じゃなくて2人目を妊娠?

病気の次に思い浮かんだのが「妊娠」

 

中越典子さんは2014年に俳優の永井大さんと結婚され、2016年に第一子となる男の子を出産されています。

 


中越典子さんは以前から、「子供は3人欲しい」と言っていたようですし、個人的には舞台降板理由は2人目妊娠の可能性が高そうだなと推測しています。

 

まだ安定期ではなく妊娠が判明したばっかりだから「健康上の理由」という、ざっくりとした理由なのかも知れません。

 

現在38歳の中越典子さん。35歳以上は高齢出産と言われますが、40歳でも出産する人も多いので今回の舞台降板はやはり、妊娠が判明したためではないかと思います。

 

代役は安蘭けいさん

中越典子さんの代役はすでに決定していて、元宝塚の安蘭けいさん。

 

安蘭けいさんは星組のトップスターとして活躍したのち2009年に宝塚を退団し、その後は舞台を中心に活動されているそうです。

 

降板した中越典子さんは綺麗だけど可愛い感じのタイプですが、代役の安蘭けいさんは元男役って知らなくても、なんとなく雰囲気で分かるような格好良さが漂っています。

 

ぱっと見タイプが全く違う2人ですが舞台で演じるのは、心優しくチャーリーとレイモンドを見守るスザンナ。

 

代役の安蘭けいさんのスザンナも気になりますが、中越典子さんが演じるスザンナがどんな女性だったのか、見ることができずに残念です。

まとめ

今回は中越典子の舞台降板理由は病気が原因?2人目妊娠が判明した?についてご紹介しました。

 

今の所、中越典子さんが舞台を降板した原因は「健康上の理由」としか発表されていません。

降板理由が妊娠だった場合、安定期に入れば正式に公表されるんじゃないかと思います。

 

病気ではないといいんですが、、、今後の動向にも注目です。

 

最後までご覧頂きありがとうございました!