2018年4月21日からドラマ「おっさんずラブ」がスタートしました。

 

このおっさんずラブは、2016年に単発ドラマとして放送され人気に火がつき、今回待望の連続ドラマ化が決定!わたしは2016年のドラマは知らなかったんですが、ドラマの内容がとても面白そうなので楽しみです!

 

知ってる人も多いと思いますが、モテない主人公が男2人に言い寄られるという、男たちのラブストーリーとなっています。

 

”同性愛”というデリケートな問題が題材になっている「おっさんずラブ」ですが、結構コメディタッチで描かれているようなので、同じようになかなか人には言えなくて悩んでいるという人も前向きな気持ちにしてくれるよう内容になっているんではないでしょうか。

 

 

このドラマに限らず”恋愛”って本当に様々ですよね。ついつい”普通”っていう言葉を使ってしまうんですが、本人たちにとっては恋愛対象が男だろうが女だろうが、それが自然なことで誰が決めた”普通”なのかとか考えさせられます。

 

きっと「男同士の恋愛」は世間からしたら”普通じゃない”に分類されてしまうんでしょうが、おっさんたちが繰り広げるラブストーリーの展開や、個々の心情などが個人的には楽しみです。

 

それではおっさんずラブ(ドラマ)1話ネタバレ感想!ヒロインは吉田鋼太郎wについて見ていきましょー

 

ここからネタバレ!ご注意ください!

 

スポンサーリンク

おっさんずラブ(ドラマ)登場人物

 

春田創一(はるた そういち)(33):田中圭さん

33独身。結婚願望はあるが、悲しいことにモテない。

「天空不動産」の営業所で働いており、実家暮らし。そのため何にもできないダメ男と化していて呆れた母親にいい加減自立しろと突き放され困っている。

幼馴染のちずが気になっているが、なかなか踏み出すことができずダメ男っぷりも手伝い、恋愛対象として見てもらえてない。

 

 

牧凌太(まき りょうた(25):林遣都さん

本社から営業所に異動してきた、高学歴イケメンエリート。

女子が放っておくはずもないハイスペックで、当然モテるが実がゲイ。性格は男っぽいが、家事も料理もこなす万能ぶりで、気配り上手な世話好き。ちょっぴりドSの一面も。

 

 

黒沢武蔵(くろさわ むさし)(55):吉田鋼太郎さん

創一と凌太が務める「天空不動産」の営業所の部長。

仕事一筋で厳しく厳格だが、情に厚く”理想の上司”として男女問わず人気がある。結婚して30年、喧嘩もなく夫婦生活は良好に見えたが、実は黒沢も”ゲイ”だった!

創一への思いが爆発し、隠しきれなくなった黒沢は熟年離婚に踏み切るが、、、。

 

 

荒井ちず(あらい ちず)(27):内田理央さん

年は離れているが、創一とは幼馴染で実家が隣。

竹を割ったようなハッキリした性格のため、セクハラしてきた取引先のお偉いさんを殴ってしまい辞職。今は兄が経営する「居酒屋わんだほう」の看板娘として働きながら就活中。

彼氏はいないが、創一のことは「あんなダメ男ムリ」と眼中になし。しかし、いきなりの男のライバル出現に気持ちに変化が?

 

 

黒沢蝶子(くろさわ ちょうこ)(50):大塚寧々さん

黒沢武蔵の妻で結婚して30年間、喧嘩もなく穏やかな夫婦生活を送ってきた。

しかし、突如夫の武蔵から”離婚”を切り出されるが原因に心当たりはなく、全く不明。きっと不倫だと睨んだ蝶子は調べるうちに夫が実はゲイだったと知ってしまう。

 

 

武川政宗(たけかわ まさむね)(44):眞島秀和さん

「天空不動産」営業所の主任で近寄りがたいオーラを放っている。

デスク周りを執拗に掃除したり、飲み会ではテーブルを常に拭いていたりと少々潔癖気味の細かい性格。結婚に興味はなく独身貴族だが、私生活は謎に包まれている。

 

 

栗林歌麻呂(くりばやし うたまろ)(23):金子大地さん

「天空不動産」の新入社員で問題児。あだ名は”マロ”

社会人の自覚が乏しく、遅刻をしても反省せず「それって俺の仕事っすか?」などと平気で言ってしまう。しかし要領がよく創一よりも営業成績は上、恋愛においても創一より上。なんとも扱いずらいモンスター新人。

 

 

瀬川舞香(せがわ まいか)(45):伊藤修子さん

同じく「天空不動産」の社員。

おしゃべり大好きおばさんで、何かとすぐに事件にしたがる噂好き。しかし、たまに勘が働くのか未来を予測したような発言も。自称”昔は職場の華だった”らしいが実際は不明。

仕事に関しては、持ち前の話術で営業成績は抜群!

 

荒井鉄平(あらい てっぺい)(38):児嶋一哉さん(アンジャッシュ)

ちずの兄で「居酒屋わんだほう」の店主。

創一とちずの仲を取り持とうとお節介を役が、ちずにはウザがられている。創一にとって兄的存在。

 

おっさんずラブ(ドラマ)あらすじ

モテない33歳独身男・春田創一(田中圭)は、通勤中に痴漢に間違われるというピンチが!

そんなピンチから、尊敬する上司・黒沢武蔵(吉田鋼太郎)が助けてくれホッとしたのもつかの間、衝撃的なものを目撃してし舞まいます。それは、、、

 

黒沢の携帯のロック画面が自分のキメ顔写真

 

意味がわからず動揺する創一でしたが、職場でさらなる衝撃が!

なんと黒沢のパソコンに”Spring”と名前のついたフォルダには、自分の隠し撮りされた写真が大量に保存されていた!

 

”もしかして部長は俺のこと?いや!そんなはずは、、、”

 

とパニックに陥った創一は黒田を警戒し挙動不審になってしまいます。

 

 

そんな時、本社からパーフェクト男子・牧凌太(林遣都)が異動して来ます。

ダメすぎる息子・創一に愛想を尽かし出て言ったしまった母親の代わりに、凌太に一緒に暮らすことを提案。男2人の共同生活がスタートするのですが、なんとまぁ凌太の女子力の高いこと!感動する創一でしたが、ここから波乱の幕開けとなるのでした!

 

ここからネタバレ!ご注意ください!

 

おっさんずラブ(ドラマ)1話ネタバレ

合コンで浮かれまくる春田でしたが、アパレル関係の女性陣に対しCAと勘違いした発言をしてしまい、開始早々冷ややかな視線を浴びせられてしまいます。

さらに駄目押しの後輩マロの「この人マザコンです」発言に完全”ナシ”判定。

そんな春田を隣から見つめる一人の男が、、、。

 

合コンでベロベロに酔ってしまった春田は、次の日慌てて仕事に向かうがバスの中で痴漢に間違われてしまいます。大ピンチ!しかし、乗り合わせた尊敬する上司・黒沢部長に助けてもらい疑惑は晴れます。

大ピンチを救ってくれた部長にお礼を言っていると、バスが急ブレーキ。黒沢と抱き合う形になってしまい、その時目を疑うことが!

 

部長の携帯の画面、俺の写真、、、え???

 

困惑したまま会社に到着。モヤモヤした気持ちで仕事がスタートしますが、後輩マロのミスにより現実に引き戻されます。キレる春田に【厳しくしたら辞めちゃうじゃない】という瀬川さん。マロ本人も『やめますよ。まじでやめますよ』と反省の色なし。

 

資料を探すため、部長のパソコンをいじっていた春田は、またしても目を疑うものを発見してしまいます。

 

”ん?Spring?”

 

フォルダの中身は、、、春田の隠し撮り写真の山!

戦慄!!!

 

”え?やっぱり俺のこと??いやいや、、、”もう訳がわからない春田は部長を警戒。しかし、トイレで用をたす春田の背後から『見ちゃった?』と聞いてくる黒沢部長。

”神様、僕が希望していた運命とは違います”

 

運命の恋に巡り会えると思っていた春田の、ガッカリすぎる運命(笑)

 

そんな時、噂好きでおしゃべり大好きな瀬川さんが、部長が奥さんと一緒だったところを見たといい”やっぱり勘違いだったんだ〜!自意識過剰だし、部長にも失礼だし”と安心する春田に、部長から呼び出しが。

 

終業後待ち合わせ場所に向かいますが、やけにムーディな場所に違和感を覚える春田。そして、赤いバラの花束を持った部長が立っていました。

 

そして、会話の途中でいきなり『好きです!』と言い出す部長に大パニック!しかも、『奥さんがいる。でももう隠せない。だから、ちゃんとするから!ありがとう!』と言い残し立ち去っていく。「なんのありがとう?」

 

訳がわからなすぎる春田は居酒屋わんだほうで幼馴染のちずに相談するが『良かったじゃん。何が問題?その人のこと嫌いなの?』冗談か、本気かちずは部長を応援すると言い出します。

 

そして、同居をしている牧は部長が春田を狙ってることに気づき、焦った牧も春田にキスをして告白!

 

 

モテ期が来たかと思えば、どっちも男?!

春田を取り合う上司と後輩、運命の相手は一体だれ?

 

ヒロインは吉田鋼太郎さんw

1話から、すごいテンポで進む「おっさんずラブ」

 

このドラマ、ヒロイン役って吉田鋼太郎さんだって知ってますか?おじさんがヒロインです!

でも、吉田鋼太郎さんが演じる部長が可愛く見えてしまいました(笑)ヒロイン力高めですwww

 

このドラマに「ヒロイン」枠必要ですかねw

 

最高ですね(笑)

 

おっさんずラブ(ドラマ)1話感想

ー1話を見た、わたしの感想ー

ハァ〜めっちゃ笑いました。ここまでコメディだと思っていませんでしたが、かなり面白かったです!

春田がなんか可愛かったです(笑)ちょいアホキャラ?表情がコロコロ変わって、ダメ男を演じきってますね。

 

吉田鋼太郎さんが最高でした!

グラインドを締めて、フリスクを大量に食べるシーンはまるでホラーでしたね(笑)母親と見ていたんですが、2人で大爆笑しました(笑)

春田の心の声も面白くて、田中圭さん熱演です!

 

みんさんの感想も見て見ましょう!

 

おっさんずラブ(ドラマ)2話あらすじ

第2話にして早くも春田を巡り、部長と牧のバトルが勃発!

『部長に春田さんは守れません!』

「俺のためにケンカするのやめて下さーい!」

 

部長は妻に離婚を切り出し、春田一直線!

”はるたん”の文字入りキャラ弁で胃袋を掴む作戦か!

 

浮かれるヒロイン黒沢部長の妻は離婚の理由が”女”だと思い調査を開始。

 

牧も春田に本気で、部長に譲る気はなく宣戦布告!

 

バスルームで告白してきた同居中の後輩社員・牧凌太(林遣都)に、唇まで奪われた春田創一(田中圭)はすっかり気が動転。ところが翌朝、牧は何事もなかったような顔で、春田に朝食を作り、サラッと出社する。え? 昨日のは無かったことになってんの!?――春田の混乱は加速する一方で…。その矢先、春田が務める「天空不動産」に、小説家になった地元の後輩・棚橋一紀(渋谷謙人)と陽菜(吉谷彩子)夫婦が来店。春田は張り切って2人の新居探しを担当する。ところが…物件を下見するたび夫婦の意見が衝突! 春田はひたすら夫婦の板挟みとなり、物件探しは難航してしまう…。

そして…よりによって同時期に、世を忍ぶ乙女心を秘めた敏腕部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と牧から愛を告白された春田は、プライベートも相変わらず難航…。おっさんとイケメン男子の板挟み状態で、気持ちが乱れっぱなしの春田は思わず、上司の武川政宗(眞島秀和)に友達の話だと誤魔化ƒしつつ、牧とのキスについて相談するのだが…!?

そんな中、黒澤がランチミーティングという名目で、美味でかわいいキャラ弁を作り、春田をランチデートに誘ってきた! しかも、それを知った牧が呼ばれてもないのに、2人のランチタイムに参上。愛しの春田を巡って、男同士の激しすぎるバトルが開幕し…! 一方その頃、結婚30年目にしていきなり黒澤から離婚を切り出された妻・蝶子(大塚寧々)も、原因を激しく暗中模索。不倫が原因に違いないと考えた蝶子は、不倫相手を特定すべく、突如「天空不動産」に乗り込んできて…!?

出典元:おっさんずラブHP
http://www.tv-asahi.co.jp/ossanslove/story/0002/  

 

まとめ

今回はおっさんずラブ(ドラマ)1話ネタバレ感想!ヒロインは吉田鋼太郎wについてご紹介しました。

 

男の三角関係という、今までになかったドラマですが予想以上に楽しめました!

現実世界にもカミングアウトできずに悩んでいる人、カモフラージュのために女性と結婚している人って結構いそうですよね。そんな人たちからは、このドラマはどう映ったんでしょうか。

 

結構早いテンポで物語が進んでいきますが、コミカルな仕上がりで見ていて全然飽きません。最初から最後まで笑いっぱなしでした。

 

さて次回は早速、春田を巡り争いが勃発し三角関係?になるようです。かなり楽しみです!

 

最後までご覧頂きありがとうございました!