4/7深夜からスタートした2018春の新ドラマ「宮本から君へ」

 

こちらは新井英樹さんのマンガが原作となています。原作者の新井さんは主演の池松壮亮さんに関して「池松くんの宮本、池松?ってぐらい驚かされました」と絶賛!

しかも原作者の新井さんが池松壮亮さん演じる宮本浩の父親として出演!
そんな新井さんも絶賛しているこのドラマ期待が高まります!

 

そこで宮本から君へ(ドラマ)2話ネタバレ感想!についてご紹介していこうと思います。

 

ここからネタバレ!ご注意ください!

 

スポンサーリンク

 

宮本から君へ(ドラマ)キャスト

宮本浩(池松壮亮)
文具メーカーである「マルキタ」に営業マンとして入ってきた新入社員。しかし営業スマイルすらできない自分が社会で生きていく意味に悩んでいた。

 

田島薫(柄本時生)
宮本と同じく新入社員の同期。関西弁が印象的な宮本の良き相談相手。

 

小田三紀彦(星田英利)
マルキタの営業部の課長を務めている。宮本、田島の上司。

 

甲田美沙子(華村あすか)
自動車メーカー「トヨサン」で受付嬢をしている。宮本が駅のホームで一目惚れ。

 

大芝(新名基浩)
度々周囲をイラつかせるフザけた性格。宮本、田島の同期。

 

岡崎部長(古舘寛治)
マルキタの営業課の部長。ミスをする宮本を説教するが上司の小田に説得され、結局はいつも宮本の尻拭いをする羽目に。

 

安達辰也(高橋和也)
宮本と神保の取引先である文具問屋ハタダの営業マン。

 

益戸景(浅香航大)
マルキンのライバルメーカー「ニチヨン」のやり手の営業マン。策略家で仕事のためなら手段を選ばない。宮本、神保の最大のライバル。

 

島貫康治(酒井敏也)
文具の仲卸業者「ワカムラ文具」の嫌味な営業部長で、マルキタとニチヨンを競わせて楽しんでいる。

 

中野靖子(蒼井優)
神保の友達で一緒に会社を立ち上げる仲間の一人。飲みの席で宮本と出会い意気投合。

 

神保和夫(松山ケンイチ)
宮本の先輩で人付き合いがうまく、営業先でも人気がある営業マン。マルキタを退職して独立する予定で宮本に営業先を引き継ぐ。

 

ここからネタバレ!ご注意ください!

 

宮本から君へ(ドラマ)あらすじ

「だってなんか!なんか俺はでっかい事したいんだよちくしょお!」

大学を卒業し、4月から都内にある文具メーカーの「マルキタ」に営業マンとして入社した宮本浩(池松壮亮)は、営業スマイルも出来ない、謝るのも嫌い、お世辞も言えないような未熟な自分が社会で行きて行く意味を思い悩んでいた。

 

そんな宮本は通勤中に駅のホームで見かけた甲田美沙子(華村あすか)に一目惚れ。

毎朝、話しかけるタイミングを伺っていたがなかなかキッカケをつかむ事が出来ずに2ヶ月が経っていた。そんなある日意を決して通勤通学で人が溢れかえるホームで声をかける。

そこから始まる甲田美沙子との関係や、仕事での人間関係の中で宮本は自分の生き方を必死に見つけていく。そして、社会の厳しさに揉まれながらも、周囲の人々の助けに支えられ宮本が一人の営業マンとして成長して行く過程など、新米サラリーマンの恋模様と生き様が描かれた青春グラフィティー!

 

ここからネタバレ!ご注意ください!

 

宮本から君へ(ドラマ)2話ネタバレ

駅のホームで一目惚れしたトヨサン自動車受付嬢「甲田美沙子」に話しかけるキッカケを探し2ヶ月。

これまでチャンスをモノにできなかった宮本は、ある朝意を決して大声で甲田美沙子に声をかけることに。ついに憧れの甲田美沙子へアタックが成功し、毎朝話をする仲になった宮本は甲田美沙子から合コンを提案される。

同期の田島と大芝を連れ3対 3の合コンへ出発!

出だしは田島の関西色強めの独り舞台でしたが、和やかなムードで会話も弾み打ち解け始めた矢先、”フルーツポンチ事件”発生!

 

前回はそこで終わりとなりました。

第2話では、どんな展開となっているのか楽しみですね!では続きをどうぞ!

2話ネタバレ追記

営業マン宮本ピンチ!

日報の嘘がバレてしまった宮本。営業先の神武堂文具からは商品を全て引き上げると言われてしまい、謝りに行った宮本ですが店長に「帰りなさい!」と追い返されそうになった宮本は何を思ったのか「人と話すときは相手の目を見て話したらどうですか?」と言ってしまい「マルキタ、立場考えて物言えよ!」とさらに怒らせてしまう。

 

結局、自社の商品を持ち帰ることになってしまい、岡崎部長に説教され意気消沈、、、。

 

後日、課長の小田と神武堂文具へ改めて謝りに行くことに。

小田課長が口上手く店長をおだて、それに上手く乗り苦手なおべっかを使いなんとかやりきった宮本は心軽やかに田島と夜の街に繰り出すが、そこで1週間ぶりに甲田美沙子に偶然出会う。

 

合コンのその後

例の”フルーツポンチ事件”の気まづさから、甲田美沙子と会わないように電車の時間をズラして数日。甲田美沙子には会っていなかったが、田島たちには「気にしてないって言ってたよ」と報告。

 

そんなある日、合コンメンバーのちゃんにバッタリ出くわす。軽く会話を交わして別れようとしたが、”弱音を誰かに吐きたかったのかもしれない”と夕食を一緒に食べることになり小洒落たお店へと向かう。

前回の合コンとは違い、話がはずむ2人はお酒も進みなんだかいい雰囲気になり、酔った裕奈ちゃんは「(終電に)乗れても乗らない!いいでしょ?宮本さん」と大胆な発言!

 

2人はホテルで休むことになったが、宮本は”頑張れ!もうすぐ朝が来る。俺が裕奈ちゃんを抱かない理由はくだらない。惚れた女以外は抱かない。女も知らなかった中学生の頃にそう誓ったからだ”と自分に言い聞かせる。

 

酔いも覚めたのか、学生時代の話になり裕奈ちゃんの辛い過去が語られます。その時のことを思い出し涙ぐむ裕奈ちゃんを思わず抱きしめてしまう宮本。”小さな裕奈ちゃんが重かった”

裕奈ちゃんは「私たちのこと内緒にしておきますから」と宮本に抱きつき「朝までこうしてたい、、、」

裕奈ちゃんと急接近?

宮本の大本命は甲田美沙子のはずが、バッタリ出くわした裕奈ちゃんといい感じな展開になり急接近の予感。

しかも奥手女子かと思われた裕奈ちゃん結構ガンガン攻めてきます!
理性を必死に保つ宮本ですが、裕奈ちゃんの学生時代の悲しい思い出を聞き、思わず抱きしめてしまいます。

しかし

という情報もあるので、裕奈ちゃんとの急接近はこれにて終了??
甲田美沙子、宮本、裕奈ちゃんの三角関係になるのかなと予想していましたが、そんなベタな展開にはならなさそうですね(笑)

宮本から君へ(ドラマ)2話感想

宮本のあだ名が「ポンチ」に(笑)

一つ気になったのが、舞台は東京ですよね?マルキタも都内にあるんですよね?なのに関西弁率高くないですか?

 

裕奈ちゃん前回は地味で暗い印象だったのに結構積極的で明るい女の子なんですね。
酔った勢いなのかグイグイ宮本に迫る感じ。甲田美沙子と宮本を応援しつつ、やっぱり宮本が好きなのかな?

 

Twitterから皆さんの感想を紹介します。

 

 

宮本から君へ(ドラマ)2話まとめ

今回は宮本から君へ(ドラマ)2話ネタバレ感想!裕奈ちゃんと急接近?についてご紹介しました。

 

宮本がみんなに「ポンチ」と呼ばれているのが可愛かったですw

柄本時生さんが演じる田島の絶妙なウザさ加減w関西人ってああいう風に見えてるのかな?けどウザいけど憎めないキャラの田島、私は好きです!

 

最後までご覧頂きありがとうございました!

宮本から君へ記事まとめ

宮本から君へ(ドラマ)1話ネタバレ感想!

宮本から君へ(ドラマ)2話ネタバレ感想!