HNKの金10ドラマ「デイジー・ラック」がスタートしました。

原作は「逃げるは恥だが役に立つ」のドラマが大ヒットした海野つなみさんの人気マンガ「デイジー・ラック」

 

物語の主人公は幼馴染4人組。30歳が目前に迫り、”結婚” ”仕事” ”人生”について考えさせられる年齢に差し掛かりますが、そう簡単にはいかないことばかり。

わたしも丁度アラサーなので、共感できるポイントが多いです。

 

取り柄もなく、目標もなく、ただ日々をこなすだけの人生に漠然とした不安を覚えることってありませんか?

30歳前後は周りもどんどん結婚していき、子持ちも増え、それぞれの人生に「差」がで始める頃ですよね。自分だけ取り残されたように感じたりする人もいると思います。

 

そんなアラサーの悩みを描いたドラマとなっています。

そして逃げ恥に続き、エンディングのダンスにも注目です!

 

それではデイジーラック(ドラマ)1話ネタバレ感想!2話あらすじも!についてご紹介していきます。

 

ここからネタバレ!ご注意ください!

 

スポンサーリンク

デイジーラック(ドラマ)あらすじ

幼馴染の楓、薫、ミチル、えみは子供の頃「ひなぎく会」と名付けたグループを作っていた。

 

そんなひなぎく会の4人が久々に集結!

それはひなぎく会メンバーのえみの結婚式。

 

久しぶりのの再開で、昔話で盛り上がり再びひなぎく会を結成することにした4人。

 

しかし子供の頃とは違う、それぞれの道で奮闘する日々に、それぞれが悩みや不安を抱えていた。

 

えみちゃんの結婚式当日に、勤めていた会社が倒産した楓は恋人にも振られ、どん底。そんな時、子供の頃の夢”パン職人”になるために修行を開始。

キャリアウーマンとして仕事に励む薫は、恋愛がイマイチ上手くいかない様子。

4人な中で唯一の人妻で、幸せな新婚生活を送っているかと思われたえみは夫が不在がちで、すれ違い生活。

売れないバッグ職人のミチルは、みんなの前では強がっているけど貯金も底をつき、貧乏生活。

 

不器用にもがきながらも、自分の幸せを探すアラサー4人。そして個性豊かな登場人物たちが織りなす人間模様や恋愛の行方は!

 

デイジーラック(ドラマ)登場人物

山城楓(やましろ かえで)29歳:佐々木希

もうすぐ30歳。

アラサーでほんわかした性格の楓はジュエリーショップの仕事と、結婚すると思っていた彼氏、どちらも失ってしまう。

甘すぎた人生観を後悔しつつ、仕事に恋にと、人生の再スタートを図る!

 

周防薫(すおう かおる)29歳:夏菜

エステサロンで営業として働いている薫は、精力的に仕事にまい進する一方、年下彼氏には二股をかけられるなどプライベートはなかなか上手くいかず、、、。

そんな中、新規出店コンペで大和と出会い新しい恋を見つけるが、波乱の予感!

 

讃岐ミチル(さぬき みちる)29歳:中川翔子

フリーのバッグ職人。

ミチルが生み出すバッグはどれも独特。そのため売れ行きは良くなく金銭的に苦し生活が続いている。

薫の弟である貴大から”アニキ”と呼ばれ慕われている。

4人の中で一番初めに30歳になった。

 

岩城えみ(いわしろ えみ)29歳:徳永えり

一回り歳の離れた夫と幸せな結婚生活を送っているように見えるが、実は夫の隆は出張が多く家にあまりいない。

しかも、浮気疑惑まで浮上!

甘い新婚生活は程遠く、、、一体どうなってしまうのか!

 

安芸開人(あき かいと)29歳:鈴木伸之

「北村ベーカリー」で働いていた開人は、ヨーロッパへ渡り3年間パン作りを学び帰ってきた。

そこで新しく入った楓の教育係となる。仕事には厳しいが面倒見がいい。

 

大和孝一郎(やまと こういちろう)35歳:桐山漣

薫のライバル会社の営業担当。仕事に対して真面目で公平な目で判断できる、かなりのやり手。しかし嫌味なところもある。

初めは純粋にビジネスの相手として薫に興味を持っていたが、次第に変化が、、、?

 

周防貴大(すおう たかひろ)27歳:磯村勇斗

薫の弟で出版社で働いている。情報誌のライターをしていて映画のコーナーを担当。

持ち前の明るさで誰からも好かれ、とにかく人懐っこい。ミチルとは子供の時から仲が良く”アニキ”と呼んでいる。

 

岩城隆(いわしろ たかし)41歳:長谷川朝晴

えみの夫で会社員。性格は温厚で優しく、紳士的な隆は完璧な夫だが仕事が忙しく、夫婦の時間があまり持てないため妻の変化になかなか気づけないでいる。

 

津幡章生(つばた あきお)24歳:矢野聖人

北村ベーカリーのスタッフであだ名は「つばっちゃん」先輩である安芸を崇拝している、お店のムードメーカー。

 

箱崎るり(はこざき るり)21歳:井上苑子

何事もそつなくこなすサバサバ現代っ子。北村ベーカリーのアルバイト。

 

清水浩太(しみず こうた)30歳:浅香航大

楓の彼氏(元カレ?)で大手企業に勤めているイマドキ男子。根は真面目。

いつかは幸せな結婚をするつもりだが、浩太にとってその相手は楓ではなく、結婚相手は浩太だと思っていた楓と気持ちのすれ違いから破局。

 

牧村真司(まきむら しんじ)27歳:枡俊太郎

薫の彼氏。現在大学生で生粋の女たらし。女性の扱いに慣れており、甘え上手ないわゆるヒモ。

 

高桑瑞枝(たかくわ みずえ)38歳:MEGUMI

薫の上司で高級エステサロンを経営する敏腕オーナー。薫を人一倍可愛がってくれている。

 

松下リエコ(まつした りえこ)30歳:芦名星

北村ベーカリーの箱入り娘で安芸の元カノ。

 

北村万里江(きたむら まりえ)53歳:とよた真帆

北村ベーカリー店主の妻。人当たりがよく世話好きでスタッフをいつも暖かく見守っている。

 

北村等(きたむら ひとし)55歳:小林隆

北村ベーカリーの店主。職人気質だが、明るく温厚で人望に厚い。

 

山城遼子(やましろ りょうこ)56歳:片平なぎさ

楓の母親。近所に住んでいるためしょっちゅう楓の家を訪ねてくる。明るく天真爛漫で奔放な性格。

 

ここからネタバレ!ご注意ください!

 

デイジーラック(ドラマ)1話ネタバレ

1話放送終了後にネタバレします。

 

人生はそんな単純なものじゃないと気づいたのは、もっと大人になってから、、、。

 

再開

成人式以来、久しぶりに4人が再開したのはえみの結婚式。予想通り4人の中で一番早く結婚したえみ。

「えみちゃんキレ〜。いいなぁ幸せそう〜」と、えみの花嫁姿に見とれていた楓の携帯に着信が。

 

楓は式を抜け出し会社に駆けつけると、”破産申立”して倒産してしまった。再び、えみの式に戻ってきた楓は、落ち込むどころか「結婚もいいかなぁーって。今の彼と付き合って2年だし」と早速えみちゃんに影響された様子。

 

想い出話に花を咲かせ、昔を懐かしむ4人は”ひなぎく会”を再始動させることに。

 

楓の彼氏

帰宅した楓は、彼氏の浩太に式が素敵だったと楽しそうに報告し「色々参考になった」とブライダル雑誌を見せ、「そろそろウチの親に会ってもらおうかぁ〜って」という楓に『お前と結婚するつもりはないよ』と、まさかの温度差、、、。

 

『楓はさ、とりあえず結婚すれば人生なんとかなるって思ってただろ』と引き止める楓の声も虚しく、浩太は家を出て行ってしまった。

 

抜け殻の楓

廃人生活8日目の楓の家に、母親の遼子が訪ねてきた。遼子に結婚は無期限延期になったと報告。

その後、街をブラブラする楓にひなぎく会欠席の連絡が続々と入る。みんな仕事や結婚と、昔とは違い成長しているのに自分には何もなくて、このまま30歳になるなんて嫌だ、、、と焦る楓の目にパン屋さんが。

 

楓はパン職人になろうと、バイトで雇って欲しいとお願いするが『今忙しいから。グッバイ!』と断られてしまう。翌日もパン屋を巡り、職人として雇って欲しいと履歴書を見せるが、経験もなく特技もない、29歳の楓を雇ってくれるところはなく、「考え直した方がいいよ」と言われてしまう。

 

 

現実の厳しさを突きつけられ”わたし今まで何やってたんだろう、、、”

 

荒んだ気持ちを抱え、昨日行った「北村ベーカリー」へもう一度足を運んだ楓に、パンの試食が差し出される。試食をした楓はあまりの美味しさに泣き崩れてしまう。

 

やる気みなぎる楓

改めて、自分を雇って欲しいと申し出る楓でしたが『だからウチは募集してないの!グッバイ!』とまたしても断られた楓は、「経験はないけど物覚えはいいです」と食い下がる。それでもOKが貰えなかった楓は次の日の早朝も店に現れ、「早起きも出来ます」と朝が早いパン屋でも大丈夫とアピールしまくる。

 

 

しつこさが功を奏し、見習いとして雇ってもらえることに。突飛押しもないように思われた楓のパン職人転身も、本人はかなり本気のようでミチルたちは応援することに。

「今、すっごく楽しい!」と毎日楽しく働く楓でしたが、安芸が北村ベーカリーに帰ってきたことで波乱の予感!

 

そう、人生は何が起こるかわからない。

 

デイジーラック(ドラマ)1話感想

感想は1話放送終了後にまとめます。

原作のデイジーラックを読んだことがないんですが、共感するポイントも多くて結構楽しめました。

”自分には何もない”って絶望?焦り?を感じる気持ち、すごく分かります。わたしも手に職ないし、これといって自慢できるものもなく、ふと虚しくなるときがあります。

 

結婚願望は全くないので、結婚のシーンはよく分からなかったですが(笑)でも女性は結婚したいと思っていても、男性はそうじゃないって、結構あるあるな気がするんですが実際どうなんでしょう?

楓の彼氏の浩太は一見ひどいやつに見えますが、楓の結婚に対する考えを見透かしているような感じで、観ていてなぜかドキッとしてしまいましたw

 

皆さんの感想も見てみましょー

 

薫の弟・周防貴大や貴大を演じる磯村勇斗さんについての感想が結構多かったです。

 

デイジーラック(ドラマ)2話あらすじ

2話のあらすじを紹介!

楓(佐々木希)は念願のパン職人修業を始めたが、安芸(鈴木伸之)の厳しい指導についていくのが精いっぱい。楓の前で安芸が高熱で倒れ、楓はもうろうとした安芸がある女性の名を呟(つぶや)くのを聞き…。一方、エステサロンに勤務する薫(夏菜)は新規出店のコンペを前にしてライバル会社の営業マン・大和(桐山漣)の登場に闘志をかきたてる。ミチル(中川翔子)はカバンが売れずに貧乏暮らしが続き、新婚のえみ(徳永えり)には早くも夫婦の問題が…。アラサー女子4人の明日は晴れ?それとも雨?

出典元:デイジー・ラック公式HP
http://www.nhk.or.jp/drama10/daisyluck/html_daisyluck_story.html

 

まとめ

今回はデイジーラック(ドラマ)1話ネタバレ感想!2話あらすじも!についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

結婚を逃げ道のように軽く考えていた楓は1日で全て失ってしまいましたが、パン職人という目標を見つけ生き生き!ドラマに限らず、現実でも目標って大事だなって思いました。

 

どうしたいのか、どうなりたいのかがハッキリしていれば人生は結構楽しいんじゃないかと思いました。

 

今後の展開が楽しみです!

最後までご覧頂きありがとうございました!