前回のanone(あのね)で辻沢ハリカことハズレの過去が明らかになりましたね!かねり重い内容となっていましたが、次の展開が気になるところです。

 

第1話では大金を巡る争奪戦がメインな感じでしたが、それぞれに抱えた後ろ暗い人生が描かれていました。

そんな人々がニセ札によって繋がりましたよね。

 

内容は重いですが、ドラマがテンポよく進んでいくので見ていて面白かったです。

 

 

ハズレの話し相手のカノンは実は更生施設で共に過ごした彦星くんだということが判明!

そして現在のカノンは闘病中の身。しかも最先端の治療は保険適応外で高額な医療費がかかると…だけど自分には関係ない話。と諦めた様子のカノン。

1話でカノンに対する気持ちが変わったハズレ。
そんなハズレは病気のカノンを救うために…

 

そして、亜乃音の娘が失踪した真実とは一体どんな理由だったのか。

 

それでは、anone(あのね)2話ネタバレ感想!大金や娘失踪の真実が!についてのまとめです。

 

スポンサーリンク

 

anone(あのね)2話のネタバレと感想

 

2話終了後にネタバレと感想を追記します。

 


前回、見つけた大金がニセ札だったことに気づいたハズレ。そのことについて亜乃音を問いただしに行きます。

そして、最先端医療受けるには大金が必要なカノンの為に亜乃音と廃業した印刷工場でニセ札を刷りまくります。「今、警察来たら私たち捕まるわよ」と亜乃音。

亜乃音は突然失踪してしまった娘に会いに行きます。


追記

 

カレーは辛い。辛いからウマい。今では人生もそう解釈しています。という持本のセリフから始まる。

そしてまたカレー以外のメニューを作らせようとする青羽。結局お好み焼きになりましたw

 

 

ハズレとカノンは本名のハリカ彦星でやり取りをするようになっていました。

彦星との時間に幸せそうなハリカ。「忘れ物に気を付けて。いってらっしゃい」「いってきます」と彦星君と別れたハリカは、亜乃音と再会する。

 

ハリカは「どうしよっかな・・・」とあたりを見渡し、ポケットからお札を2枚取り出す。

「なぜ、2枚とも同じ番号なんですか?」

 

亜乃音は自宅兼印刷工場へハリカを連れてきた。

ハリカは亜乃音の名前を知っていました。

 

ニセ札を使い、亜乃音に取引を持ち掛けるハリカ。

「ここで働かせてください。お金をもらえれば、よく働きます」というハリカに

ここはただの印刷工場だと追い返そうとする亜乃音。

しかしハリカは詰め寄ります。「手触りで分かりました。暗闇で知らない人の手を握ったときみたいに」

 

チラシ一つ印刷できないという亜乃音は、本物のお金を差し出し、これあげるから帰ってとハリカをまたしても追い返そうとします。

 

粘るハリカに「お金を偽造するのは犯罪です。あなた国ですか?」と怒る亜乃音。

ハリカは「お金を使った後なら捕まってもいい。捕まっても亜乃音さんのことは言いません。大金が必要なんです」

 

「夢があるなら宝くじでも買えば?」という亜乃音に「夢はいらないんです!」と食い下がるハリカ。

 

この「夢はいらないんです」がとても印象的でした。。。

 

しつこいハリカはニセ札が隠されていた床下をあさり始めました。すると中からデジカメが・・・。デジカメの中には、亡くなった夫、京介(木場勝己)と失踪したと思っていた娘の(江口のりこ)の写真がいくつもあった。

 

デジカメの中の玲を眺めながら「昔は違う感じだった。笑ってる、笑ってる」と嬉しそうな亜乃音。

 

 

そのころ、持本は幼馴染の西海と店の土地引き渡しの取引中だった。

そこへ青羽がやってきて、かき回すw結局青羽に影響されて、いったんサインするのを考えると言い出した持本に西海が怒り出し脅してくるが、青羽が助けてくれ店の外へ逃れることに。

 

青羽はお店を売らなくてもいい方法があるといい、裏のお金があると。

「落ち葉みたいに大金燃やして、きっと裏があるんですよ」と前回浜辺で亜乃音が大金を燃やしているのを見ていた2人。「ほしいと思わないんですか?」と青羽が焚き付ける形で、なにやら画策している様子。

 

 

デジカメの写真を頼りにラーメン屋さんにやってきた亜乃音とハリカ。

席に座るとハリカが微笑みます。「いいですね。玲ちゃんと同じものを食べるって」と嬉しそうに話す2人の会話を聞いていた店主が「あの玲ちゃん?」と玲のことを知っていた。

もう一人、店にいた客も玲のことを知っていたみたい。

 

亜乃音は母親だと言わなかったため、店主と客は残酷な内容を話し始めます。

 

昔はよく息子を連れて来ていた。離婚してシングルマザーでいろいろ大変みたい。でもお母さんとソリが合わないから実家には帰りたくないらしいね。

お父さんとは仲良かったのにね!

 

玲ちゃん今ガソリンスタンドで働いてるらしいよ。

 

お店の人たちは玲が失踪したと思ってないですもんね・・・。

真実とは残酷です。

 

食事を終えた亜乃音とハリカは林田印刷所へと帰ってきました。

 

家は横浜のネットカフェだと言い立ち去ろうとするハリカを、引き留め「うちに泊まれば?」とハリカとの生活がスタートします。

 

夜中、1階の工場のPCで玲の写真を見つめる亜乃音に気づき、肩に毛布を掛けてあげるハリカ。

 

失踪の真実が分かり「玲が元気で生きてたってだけで十分。。。」という亜乃音に「もう一回行ってみましょう!行きましょうよ!亜乃音さんお母さんなんだから」と説得するハリカでしたが、

 

玲は私の子じゃないの。主人とよその女の子供。本当の母親は生んですぐどこかに行ってしまった」と衝撃の告白!

まさか、自分の子じゃなかったとは。予想外の展開でした!

そして「お腹に中にいたかどうかなんて関係ない。玲が0歳からずっと一緒だった。おむつのお世話もして少しづつ積み上げていったのに」

 

玲が15歳ぐらいのときに、突然本当の母親が現れたという。一瞬で持っていかれた。

「殴り書きのアドレスが本当の母親になっちゃった。私はただのおばさん」と悲しそうに語る亜乃音。

 

そんな亜乃音にハリカは「親の同意書もらってきてと言われて、親いませんって言ったら、『かわいそうだね。愛されたことのない人は愛することが出来ない』と言われたことがある。でも大丈夫。玲さん優しような顔してるから」

 

いろんなことを吐き出して、距離の近づいた2人。いいシーンでしたね!

 

するとPCの画面にお札のフォルダを見つけた亜乃音。ちょっとニセ札を印刷してみることに。

が、結局は片面だけの印刷で、手触りも床下から見つかったニセ札とは全く違うかった。

これじゃ使えないとがっかりしたハリカでしたが、印刷したお金は亜乃音とキッチンで燃やしてしまうことに。

 

全てを燃やし終え眠りにつくハリカは彦星君とチャットをします。

彦星君あのね。今日私は布団と枕で寝ています。布団と枕を発明した人にノーベル賞をあげるべきだと思います」と楽しそうなやり取りが続いていました。

 

ハリカの「あのね」久しぶりに聞いた気がします。可愛い!

 

翌朝、荷物をまとめ出ていこうとするハリカに「あーそうだ。バイトさん探さなきゃ。もう1年もお掃除してないから、しっかりお掃除してくれる人」

 

「お掃除得意です!」と嬉しそうなハリカに、猫の餌とあなたのご飯を買ってきてとお金を手渡し、家を後にした亜乃音は娘の玲が働いているガソリンスタンドへやってきました。

物陰から玲を見つめる亜乃音。そのとき孫の男の子が学校から帰ってきました。息子と話していた玲は離れたところからこちらを見つめる亜乃音に気づきますが、無視・・・。

可哀想なシーンでした。亜乃音が手を振ろうか葛藤している様子がなんとも切ない

 

 

亜乃音が出て行ったのを見ていた持本と青羽は、林田印刷所の忍び込みます。もちろんあの大金を探すために。

あの大金を2人は裏金だと思っています。

 

忍び込んだ2人はハリカの存在に気づき物陰に隠れ、ハリカが買い出しに出たのを見計らって部屋中を探します。しかし大金は見つかりません。

 

そうこうしているうちにハリカが帰ってきて鉢合わせ!しかし青羽は「お掃除中なんで」と何事もなかったかのように出ていきました。

 

あっけにとられるハリカでしたが、部屋が荒らされていることに気づい後を追います。

2人の車のもとに来たハリカは「泥棒ですよね!」と何度も怒鳴りながら後ろの席に乗っていた持本に詰め寄ります。

困った2人はハリカをガムテープで縛り上げ、持本のカレー店に連れていくのですが、

トイレから音が・・・。中から拳銃をもった西海が・・・。

 

 

そのころ、帰宅した亜乃音は荒らされた部屋やハリカの姿がないことに、なんとも言えない表情。

多分、亜乃音はハリカが荒らして出て行ったと思ったんじゃないかな。また娘を失ったような気持ちだったんじゃないかな。

 

 

中世古はお弁当屋さんで働いていました。

お客さんの出した1万円札の手触りを確かめる中世古でした・・・。

 

 

大金や娘失踪の真実が!

 

大金はまだ何のために偽造したのかは明らかになりませんでしたね。

シングルマザーで大変みたいってラーメン屋の店主がいってたから娘が関係しているのかな?

 

そして、その娘はなんと亜乃音の本当の娘じゃありませんでしたね!

しかも、”母親(亜乃音)とはソリが合わなかった”というのが亜乃音の元から消えた理由だったみたいですが、私はまだ亜乃音が知らない理由があるんじゃないかと思っています!

だってソリが合わないという理由だけで、あんなガン無視しますかね?

あれはソリが合わないっていうより、嫌ってますよね!

娘の玲役の江口のりこさんも大好きな役者さんなので、今後がますます楽しみです!

 

anone(あのね)3話ネタバレあらすじ

 

分かり次第追記します。

 

亜乃音と中世古が知り合いだった!

亜乃音の娘だと勘違いされたハリカは人質として1千万円の身代金を要求される。


追記

亜乃音(田中裕子)の裏金目的で忍び込んだ印刷工場でハリカ(広瀬すず)に見つかり、どさくさに紛れてハリカを誘拐してしまったるい子(小林聡美)舵(阿部サダヲ)
カレーショップへ戻ると、なんとそこには会社の上司に拳銃を発砲し逃走中の西海(川瀬陽太)が潜伏していた。

ハリカを亜乃音の娘だと思い込んでいる舵たちは“裏金を隠しもつ女”の娘だと西海に告げる。
すると西海は、ハリカを人質にとり亜乃音から身代金を取ろうと言い出し、るい子を亜乃音の元へと向かわせるのだった。

一方、荒らされた自宅を見た亜乃音は、ハリカの仕業と思いつつも少しだけ打ち解け合い弾んでいた心に寂しさを感じる。そんな中、亜乃音の元をかつての林田印刷所の従業員だった中世古理市(瑛太)が訪ねてくる。
理市が久々に工場に現れたのにはある目的があるのだが…。

一方、舵は拳銃をちらつかせる西海の隙をついてハリカを逃がそうとするが、舵の人柄を知ったハリカは舵を置いて逃げることができず…。
その頃、西海の指図で身代金の取り立てに亜乃音の元へ来たるい子は、ハリカが亜乃音の娘ではないことを知る。
しかし、亜乃音が選んだ行動はとても意外なもので…。

出典元:anone公式HP

URL:https://www.ntv.co.jp/anone/story/

 

 

まとめ

 

さて、anone(あのね)2話ネタバレ感想!大金や娘失踪の真実が!について書いてきましたがいかがだったでしょうか?

 

今回の第2話で亜乃音とハリカの距離が近づきましたねー。

お布団で寝れることを喜ぶハリカが印象的でした。

持本は青羽にそそのかされて、悪い方へ転がっている気が。

そもそもあの2人、大金必要?人生終わりにしようとしてましたよね??

瑛太さん演じる中世古がなかなか、見えてきませんね。次で少し明らかになりそうですが。

最後までご覧いただきありがとうございました!

anone第2話を見逃した人は?
Huluなら2週間無料
追加料金なしで動画見放題

↓check↓
【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中
anone(あのね)各話のネタバレ感想記事まとめ

anone(ドラマ)最終回予想ネタバレ感想!全員捕まってしまう?

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す